ロータシア製薬のマヌカジンセンは副作用があって危険?注意点や効果の根拠をまとめました

マヌカジンセン副作用 アドバイスする女性

マヌカジンセンに興味はあっても、「副作用は大丈夫なの?」「簡単に痩せられるなんて危険な薬なのでは?」と心配な方もいるのではないでしょうか。今回は、マヌカジンセンの気になる副作用の有無や、ダイエット効果の科学的な根拠について調べたので、みなさんと共有したいと思います!

薬のような副作用の心配はないものの、注意点は確認しよう!

マヌカジンセンって、ダイエットに効く本格的な素材を使ったダイエットサプリとして注目されていますよね。

だから、「手軽に痩せたい!」という人は絶対に興味津々だと思うんです。

私もその一人で、すぐに飛びついちゃいました!

でも、「副作用があるならやめようかな・・・」と迷っている人も案外いるはず。処方薬や市販薬の中には強い副作用が出るものもあるので、体にとり入れるものを買う時はちょっと心配になりますよね。

でも大丈夫です!

マヌカジンセンは合成成分で作られた一般的な薬とは違い、自然の原料を使ったサプリメントなので、薬のような副作用の心配はないみたいですよ。

いわゆるサプリメントは、厚生労働省では「健康食品」という位置づけになっているようです。つまり、大きなくくりでは食品なので、過剰摂取など間違った使い方をしなければ大丈夫だと思いますよ。

私もマヌカジンセンを何ヶ月も飲み続けていますが、何もトラブルはありませんし、むしろスッキリ軽くなって体調が良くなりました(笑)お肌の調子もいい感じです!

要チェック!あてはまる場合は注意した方が良さそう


マヌカジンセン副作用チェックリスト

とはいえ、食品でもアレルギーなどで体に合わない人もいますよね。

それと同じように、マヌカジンセンも使われている原料にアレルギーがある場合は、使用を控えた方が良いかもしれません。特に、ホエイが入っているので、乳製品アレルギーがある方は残念ながら控えた方が良さそうです・・・。

あと、マヌカジンセンには漢方系の素材が配合されているので、気をつけた方がいい場合もあるようですよ。

マヌカジンセンを買った時にもらった冊子には、

 原料にアレルギーがある人
 薬や漢方薬を服用中の人
 カリウム摂取制限を受けている人
 妊娠中や授乳中の人

このような方の場合は使用を控えるか、医師に相談するように書いてありましたよ。

基本的には、他の薬やサプリと併用しても大丈夫みたいですが、成分によってはマヌカジンセンの効果が弱まってしまったりする可能性があるようです。なので、薬などを服用している場合は、念のため医師や薬剤師に相談した方が安心できそうですね。

こうした注意事項は、他のサプリや健康食品でも見たことがあるので、マヌカジンセンが特に要注意というわけではなさそうです。

主原料ジンセンは飲み続ければ痩せ体質に?


副作用だけでなく、マヌカジンセンの効果についても気になりませんか?

私は、マヌカジンセンの主原料として使われている「ジンセン(高麗人参)」の効果に注目して飲み始め、実際にダイエットできたのでみなさんにもお伝えしますね。

ジンセンを摂取すると「やせホルモン」が増えるらしい

マヌカジンセン副作用 高麗人参

ジンセンには、なんと「やせホルモン」を増やす働きがあるらしいのです。

そんな素敵なホルモンがあるの?と驚きましたが、やせホルモンは医学的には「GLP-1」と呼ばれていて、

・  自然に食欲が抑えられる
・  脂肪が溜まりにくくなる

といった、ダイエット中の人にはたまらない作用があるそうなんです!

でも、GLP-1の分泌量には個人差があって、もともと太りやすい人は分泌量が少ないので、食べた分だけ脂肪になるのだとか(涙)

反対に、痩せている人は分泌量が多いので、たくさん食べても太りにくいんですって。うらやましい・・・。

マヌカジンセン副作用 スリムとぽっちゃり

で、ジンセンにはGLP-1を増やす働きがあるので、ジンセンを摂取すれば、溜め込みにくいやせ体質になれる可能性が高いようなんです!!

このことは、数多くの大学の研究報告や、世界的に権威のある科学雑誌にも掲載されている根拠のある効果みたいなので、かなり期待できますよね。

ジンセンは昔から冷え性改善や新陳代謝アップに効くと言われていますが、最近ではダイエットや美容にいい素材としても注目されているんですね〜。

気になったので調べてみたら、50代になっても若々しくて美しい黒木瞳さんは、ジンセンを10年以上利用しているそうです。

ミランダ・カーやチェ・ジウといった海外セレブもジンセンを摂取する習慣があるようなので、きれいなボディラインをキープしているのはジンセンのおかげなのかもしれませんね!

レプチンは実は「でぶホルモン」なのかも!?


やせホルモンには、食欲をコントロールできるという「レプチン」もあるようですね。でもよく調べると、レプチンは真反対の「でぶホルモン」という側面もあるみたいなんです!

やせホルモンなのに、でぶになる・・?

どういうことかというと、どうやら太りやすい体質の人はレプチンが効きにくく、食欲が抑えられなくなるようなんです。

マヌカジンセン副作用 ドカ食い女性

そもそも、レプチンは脂肪細胞から分泌されるので、脂肪細胞が多い人(=太っている人)ほど分泌量が多いんですって。

でも、太っている人はレプチンを感じとる力(感受性)が低く、せっかく大量のレプチンが分泌されても食欲が抑えられなくなるのだとか。

つまり、太りやすい人はレプチン自体はたくさん分泌されているのに、感受性が低いので食欲をコントロールできず、食べ過ぎてしまってさらに太る・・・という残念な結果に

太りやすい人ほどレプチンの力が必要なのに、皮肉ですよね・・。

それなら、レプチンよりもGLP-1を増やした方が効果的かも?と思いました。

注意点に気をつければロータシア製薬のマヌカジンセンは安心して続けられます


マヌカジンセンは自然の原料が使われているサプリメント(健康食品)なので、薬のような副作用の心配はないことがわかりました。

私もマヌカジンセンを何ヶ月も飲み続けていてトラブルはありませんし、むしろ体調もお肌の調子も良くなりました!

ただし、原料にアレルギーがある人や薬を服用している人などは、体に合わなかったり、マヌカジンセンの効果が薄れてしまったりする可能性があるようなので、念のため医師に相談することをおすすめします。

マヌカジンセンを飲めば「やせホルモン」の増加が見込めますし、私もその効果のおかげで念願のダイエットに成功しました。ジンセンのように科学的に根拠がある素材が使われているので、決して怪しいサプリではありません(笑)

興味がある方は、注意点をチェックした上で利用してみてはいかがですか?

 

関連記事

▶︎マヌカジンセンは解約できる?できない?解約方法やルールを徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です